人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行の利用で経費削減のコツ

    

経費削減のコツテレアポとはそもそも、営業マン育成の為の人材の確保から育成そのものにかかる費用や時間を削減するだけでなく、営業マンが自らの足を使って外回りを行う従来の営業スタイルにおける経費や時間の無駄を削減する目的で、多くの会社が導入するようになりました。

更にそれをテレアポ代行業者へ業務を委託する事で、優秀なアポインターのスキルを利用できるようになり、より多くの経費、時間を節約する事に成功しました。
今日においてはテレアポ代行業者へ業務を委託するだけで、多くの経費と時間を節約できてしまう訳です。
これからテレアポ代行業者を利用しようとしている方々の中には、より早く効果的に成果を出すための「更に経費を削減する為のコツ」を知りたいという方は多いでしょう。
そこで今回は、この疑問に対する答えとして、幾つかの「コツ」を紹介していきたいと思います。

料金システム

まず初めにテレアポ代行の料金システムについて説明していきます。
テレアポ代行の料金システムには、大きく分けて「成果報酬型」と「コール課金型」の二種類があり、前者はアポイントを獲得した時に初めて料金が発生するのに対し、後者はアポイント獲得の為に掛けた電話一回に付き数百円の料金が発生します。
より多くの企業データを保持し、優秀なオペレーターを多く擁する大手企業などは「成果報酬型」を採る傾向があるのに対し、データ量、オペレーターのスキル共に不十分な点がある比較的小規模な会社や、新しい会社、特定の業種に限定し、多くの案件を請け負わない会社等が「コール課金型」を採る傾向があるようです。
このように見てみると、「成果報酬型」の方がより確実に成果を得る事が出来、逆に「コール課金型」は必要以上に料金が掛かるようなイメージを持たれるかもしれませんが、実際に料金に影響するのは会社が提供するサービスそのものの質である事が多いようです。
このようなサービスの質は、代行業者を選定する際に重視するポイントの一つとして予め精査しておく事が、経費削減につながる事は間違いないでしょう。

地方の企業が東京のテレアポ代行業を利用する場合

次に考えたい点は、近年増加傾向にある地方の企業が東京のテレアポ代行業を利用すると言うケースについてです。
このようなケースの場合、どのような点において経費が削減できるか考えてみましょう。

まず考えたいのが、会社を運営する建物の賃料についてです。
日本国内の多くの企業は東京に集まっており、都内にある企業向けの物件の賃料は非常に高額です。
地方に居ながら、東京のテレアポ代行業者を利用するという事は、このような賃料を節約できると言う点で非常に有意義と言えるでしょう。
もう一点は、アポイント獲得後の営業についてです。
多くの場合、アポイントを獲得すると、営業マンが実際に取引先担当者と面会し、交渉をすることになるかと思います。
地方の会社の場合、このようなケースでは、営業マンを出張させるための交通費や宿泊費等、多くの費用が必要となります。
近年はアポイント獲得後の営業に関しても代行を請け負ってくれる代行業者が増加していて、「営業代行サービス」を利用する事で、出張による諸経費を大幅に節約する事が出来ます。

これら二点から考えて、会社を運営する為の本拠地を敢えて地方に構えるという選択もまた、経費を大きく削減する為のコツの一つと言えるかもしれません。
テレアポ代行業者を利用する際、経費を削減するためには、代行業者を利用した場合に掛かる経費と利用しなかった場合に掛かる経費を照らし合わし、精査する必要がある事は言うまでもありません。
それだけでなく、自社の業種や経営方針に見合った料金システムがどれかを正しく判断する必要があるでしょう。