人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行はお試しもできるの?

    

テレアポの「お試し」制度働き方の多様化とそれに伴う仕事そのものへの考え方の多様化に呼応するように、近年は営業職に就く事を拒む若者が大変増えているようです。
その煽りを受け、優秀な人材の確保や育成に今まで以上の経費と時間を費やさざるを得なくなっている企業は大変多く、それらへの的確な対策を講じる事は急務となっています。
特に、人材の確保が困難な地方の企業などにとっては、たいへん深刻な問題と言えるでしょう。
これら地方の企業の多くは近年、この問題への対策の一つとして東京のテレアポ代行業者への業務委託を率先して行っています。
このような対策は、前述した人材の確保、育成に関わる諸問題だけでなく、そのフォローエリアの広さから、従来以上の費用対効果が得られると大きな評判を得ています。
恐らく、今まさにテレアポ代行業者への業務委託を検討している所だと言う企業も多いことでしょう。
これからテレアポ代行業者への業務委託を依頼したいと考えている方の中には、まずはじめに業務委託自体の「お試し」をしてみたいと考えている方も多いのではないかと思います。
そこで、今回はこの「お試し」について、解説していきたいと思います。

「お試し」をすることによる依頼する側のメリット

まず「お試し」をすることによる依頼する側のメリットにはどのような物が上げられるでしょうか。
最初に上げられるのが、実際にどれくらいの費用が掛かるのかが分かると言う点です。
テレアポ代行業の料金体制には、大きく分けて二種類あります。
一つは実際にアポイントを取り付けて初めて料金が発生する「成功報酬制」です。
もう一つはアポイント獲得の成否にかかわらず電話1コールに付き数百円の料金が加算される「コール課金制」です。
中にはアポイント獲得に成功した分にのみ課金される「有効コール課金制」等もありますが、概ね前述した二種類と考えて良いでしょう。
このような料金体制の共通点は、どちらも事前に幾ら見積もりを行っても、実際に業務を依頼し、遂行してもらわなければどれ位の料金が掛かるかは分からないと言う点です。
このような点において「お試し」制度は、非常に有意義と言えるでしょう。
もう一点は、実際に業務を遂行してもらう事でどれくらいのアポイントを取って来てもらえるかなど、代行業者そのものの実力を判断できると言う点です。
近年は、テレアポ代行業者が乱立しており、低料金ではあるものの、依頼する側の希望に沿うだけの成果が得られないと言う会社も多いようです。
このような点においても「お試し制度は」非常に有効と言えるでしょう。

「お試し」制度はどの代行業者にも導入されている?

ここまでの説明で、「お試し」制度のメリットは大体把握できたかと思います。
それでは、このような「お試し」制度は、どのような代行会社でも導入されているのでしょうか。
単刀直入に言ってしまうと、中にはこのような制度を導入していない会社もあります。
特に、十分な実績と充実したサービス内容を兼ね備えた創業数十年に亘る大手企業などは、一概には言えないものの、このような制度には消極的と言えるでしょう。
そこには「お試し」期間を設けなくとも、顧客を満足させられるだけの体制が整っていると言う自負があるのかもしれません。
このような「お試し」制度を導入している企業は、比較的新しい会社である事が多いようです。
中でも業務を遂行する為のデータがまだ十分でない会社や、特定の業種に特化した会社等は、より多くの業務委託を受け付ける事で、より多くのデータの収集や、会社そのものの知名度を上げる事が出来るというメリットがあります。
また、このような会社は、料金体制も比較的安価に設定されているケースが多いです。
依頼する側の会社は条件を精査しながら、有効に利用すると良いでしょう。

 

ランキングはこちら