人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行で実際の成果は?

    

テレアポの成果精神的負担の多さなどを理由に営業職を敬遠する若者は増加傾向にあり、それに呼応し人材の確保や育成が年々困難になっている事は、多くの方がご存知かと思います。

このような懸念に対し多くの会社が導入しているのが電話による営業活動、通称「テレアポ」です。
少ない人員でより多くの案件に対応できる効率の良さや、フォローできる範囲の広さ、また、人と人とが直接向き合って取引をする従来の営業活動に比べ精神的負担が軽いとの理由から就労に対し寛容な若者も多く、人材の確保も比較的容易と言われています。
近年はこれら一連の業務をテレアポ代行業者へ委託してしまう会社も多く、経費削減、人材育成、営業そのものの効果の高さ等からにわかに注目を集めています。
特に地方の会社は、家賃等が比較的安い地方に居ながら全国、ひいては海外までをも営業の対象に出来るなどの理由から、東京のテレアポ代行業者へ業務委託するケースが増加傾向にあると言われています。
このような傾向を顧み、これから実際にテレアポ代行業者へ業務を委託する際に気になるのが、実際にどのような成果が得られるのかと言った点だと思います。
単に「テレアポ代行業者」と言ってもその数は非常に多く、会社ごとに特色も様々です。
当然、選んだ会社とその会社の理念により成果にも違いが生じますので、まず初めに、どの会社を選ぶのかを熟考する必要があります。
ここでは、それらの会社をタイプごとに分け、各々に期待できる成果を解説していきます。

テレアポ代行業を専門としない会社

まずテレアポ代行業を専門としない会社です。
このような会社は、テレアポ代行業とは別に自社の製品やサービスを扱っているケースが多く、「テレアポ代行を依頼する側」のニーズを熟知しているのが特徴と言えるでしょう。
このような会社の場合、その会社の扱う自社製品やサービスに関連するデータや取引先の情報を多く保持している事が考えられるため、比較的近い業種の会社であればより大きな成果を期待できるでしょう。
一方でテレアポ代行業専門の会社の場合、そのタイプは細分化して考える必要があります。
近年はテレアポ代行業者の乱立により、特定の業種に特化した業者も多く誕生しています。
当然のことながら、このようなタイプの会社はその業種に関連するデータを非常に多く保持しており、この事は業者選びの際に非常に重要なポイントの一つとなるでしょう。

オールマイティー型の代行業者

また、どのような業種にも対応できるオールマイティー型の代行業者は、簡単に言ってしまえば「広く浅く」が基本的な方向性と言えますが、このようなタイプの会社は創業数十年以上にもなる老舗が多いことから、その保持データ量は膨大である事が多く、特殊な業種を除けば比較的安定した成果が期待できると言えるでしょう。
反対にオールマイティー型の比較的新しい会社の場合はそのデータ量は少ないものの、逆に新たなデータ収集を目的として安価で業務委託を受け付けているケースも多く、費用対価と言う点においてはより大きな成果が期待できると言えなくもありません。
特殊な業種でなければこのような会社に委託する価値は十二分にあると言えるでしょう。
また、テレアポ代行業者を選ぶ際に考慮したいのが、代行会社の規模についてです。
一般論で言ってしまえば、より規模の大きい会社の方がより大きな成果を期待できると考えがちですが、テレアポ代行業に関しては、必ずしもそうとは言い切れません。
テレアポ代行業に関して重要な点の一つが、代行を受諾する側の会社が、代行を依頼する側の会社の方向性や製品内容等をしっかりと理解しているかと言う点です。
小規模な会社である方が密なコミュニケーションが可能である為、より大きな成果を生み出すと言ったケースが多いと言う事実も考慮する必要があるでしょう。

 

ランキングはこちら