人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行は会社によりアポイントの質が違うの?

    

テレアポの質費用対効果の高さや、人材の確保、育成にかかる時間や経費の削減、営業担当者の離職によるリスクの軽減などを理由に、テレアポ代行業者へ業務を委託する会社は近年増加傾向にあります。
特に人材の確保等が困難な地方の会社が東京のテレアポ代行業者へ業務を委託すると言うケースは大変多いようです。
このような傾向に呼応して、テレアポ代行業者は近年乱立状態にあり、会社によってその特色も様々です。
ところで、これからテレアポ代行業者への業務を委託しようとしている会社の担当者様の中には、会社によるアポイントの違いにどれほどの差があるのかを知りたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
前述したように、乱立状態にあるテレアポ代行業者は、各々が独自の料金体系やサービス、あるいは特定の業種に特化することで、他社との違いを明確にすることに尽力しているようです。
よって、そのアポイントの質にも必然的に違いが発生しているのが実際のところです。
ここでは、テレアポ代行業者をいくつかのタイプに分けその典型的な例と共に、各々のアポイントの質を明確にすることで、その違いについて解説していきたいと思います。

知名度がトップクラスの会社

最初に、業界における知名度がトップクラスであるA社について説明します。
この会社の特徴は、テレアポ代行業務に伴う電話1回に付き数百円が課金される「課金コール制」という料金制度を採っていると言う点です。
一概には言い切れませんが、このような会社の場合、保持する企業データは莫大である事から、より多くの業種に対応でき、対応できる件数も莫大であると言えるでしょう。
このような点から考えられるのは、アポイントの質自体にはバラつきがあるものの、獲得できるアポイントの数は群を抜いているという事です。
アポイント獲得後の営業を成功させられるだけの人材がそろっている会社等はA社のようなテレアポ代行業者を利用するのが有効と言えるでしょう。

知名度が並み程度の会社

次にあげるのは、知名度は並み程度のB社です。
こちらの会社の特徴は、創業数年の比較的新しい会社であると言う点です。
料金体系はアポイントを獲得した際にのみ料金が加算される「成功報酬制」で、社員数は少ないものの、そのスキルの高さを売りにしています。
このような会社が「成功報酬制」を採るのは、アポイントを獲得する事に絶対の自信を持っている為と言えるでしょう。
その根拠が社員のスキルである事から、アポイントそのものの質にも期待が出来そうです。
このような会社の場合、アポイント獲得後の営業も代行する「営業代行」も請け負っているケースが多く、地方で運営する会社には特におすすめです。

知名度が比較的低い会社

最後に上げるのが、知名度が比較的低いC社です。
この会社の特徴は、とある専門的な業種に特化したテレアポ代行業者であると言う点です。
その為、業界全体での知名度は比較的低いものの、専門的な知識を兼ね備えた社員を多く擁していることから、その業種に限定して言えば、アポイントの質も高いものが期待できるでしょう。
このような会社の多くは比較的小規模である事が多く、対応できる件数も限られていますが、担当者とのコミュニケーションを密にとる事ができます。
それによって担当者に、依頼する側の製品やサービスを熟知してもらう事も可能な為、費用対効果は絶大と言えるかもしれません。
また、このような会社も「営業代行」を請け負っていると言うケースは多いことから、地方の企業などに特にお薦めと言えるでしょう。

以上の事から、アポイントの質はその良し悪しも大事ですが、各々の特徴をしっかりと把握し、自社のニーズと照らし合わせた上で、それに見合った代行業者を選定する必要があると言えるでしょう。

 

ランキングはこちら