人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行で全国が営業の対象に!

    

テレアポ営業活動範囲営業は会社の経営にとって基本であり、必要不可欠です。

またそれを担当する営業マンの育成は会社にとって非常に重要と言えるでしょう。
しかしながら、近年は精神的負担の多さなどを理由に営業職を敬遠する若者の数は増加傾向にあるとも言われ、より多くの優秀な人材を確保する事は年々困難になっているとも言われています。
雇用する側も、丁寧な指導とサポート体制の充実を図る事で優秀な営業マンの育成に力を入れているようですが、その離職率は相変わらず高水準を維持しており、無駄な経費と時間の削減が多くの会社にとって急務となっています。

電話による営業活動

このような傾向は都心への人材の集中の煽りを受け、特に人材の確保が困難を極める地方の会社では特に顕著にみられるようです。
このような傾向への対策として近年にわかに注目を集め、多くの会社が率先して導入しているのが、電話による営業活動、通称「テレアポ」です。
テレアポの利点は、少ない人員で同時に複数の案件に対応出来る事や、外回りなどによる移動時間を始めとした無駄な時間を削減する事による業務の効率化です。
人と人とが対面する事による営業に比べ、精神的負担も少ないなどの理由から就労に対し寛容な若者も多く、より多くの人材、優秀な人材を集めやすいとも言われています。
前述したように、都心に比べ人材の確保が特に困難な地方では、既に多くの会社がテレアポを導入しているようです。
しかしながら、このテレアポも社員の育成にはそれなりの経費と時間が必要ですし、離職に対するリスクを回避、あるいは軽減すると言う意味では、前述した問題の根本的な対策としては不十分と言うのが実際のところです。
そこで、このような問題の根本的解決策として多くの会社が導入しているのが、テレアポ代行業者への業務委託です。
テレアポ代行とは、その名の通りテレアポによる営業業務を全てテレアポ代行専門の業者に委託してしまう事です。
これにより、社員の育成にかかる経費や時間の削減、離職によるリスクの回避が可能となり、また、多くのテレアポ代行業者は、それまでの業務で収集した膨大なデータを保持している事から、営業そのものにもより高い効果が期待できるとされています。
特に人材の確保が難しい地方の会社にとっては打ってつけと言えるでしょう。

テレアポの営業活動範囲

ところで、地方の会社が東京のテレアポ代行業者への業務委託を検討する際にしばしば挙げられる疑問が「どの地域を営業の対象としているのか」と言う点です。
このような疑問の根本には、「東京だから東京のみ、あるいは首都圏のみが対象なのでは」と言った先入観が存在しているように思われます。
しかしながら、前述したようにテレアポは電話を利用する事でより広い範囲での営業活動が可能になる事を利点としています。
その対象は全国、業種によっては海外までをも含んでいると言うケースは少なくありません。
営業マンが幾ら時間と体力を使って外回りをしても、フォローできるエリアには限界がありますし、その効率は決して良いとは言えません。
言うまでもなく、より多くの顧客を集める為には出来るだけ広大なエリアをフォローしなければならない訳で、このような点においてもテレアポ代行業者への業務委託は非常に効果的と言えるでしょう。

このような事は、見方を変えれば、家賃等が安い地方に居ながら、全国を営業の対象にできると言う利点もあり、営業業務その物だけではない派生的な経費削減も可能と言えます。
在京である事が企業にとって有利であると言う従来の考え方を覆すこのようなシステムは、将来的にテレアポ代行業が企業の都心への一極集中を緩和させる為の救世主となる事を証明していると言えるかもしれません。

 

ランキングはこちら