人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行は成果がなくても費用が発生するの?

    

テレアポ代行の料金体系テレアポ代行業者を利用する企業の多くは、人材の確保や育成が慢性的な懸念事項となっているケースが大変多いようです。
時間や費用を存分に掛け育成した社員の離職によるリスク等も考慮すれば、その問題の大きさが会社にとって大きな負担となっている事は容易に想像が付きます。

一方でこのような人材面での問題ではなく、その費用対効果が高いことを理由にテレアポ代行業者を利用する企業が多い事も事実です。
例えば、地方の企業がより広いエリアをフォローでき、アポイントを取るだけでなく、東京での営業そのものも代行してもらえるなどの理由からテレアポ代行を依頼すると言うケースも少なくありません。
ところで、これからテレアポ代行業者へ業務委託を依頼しようとお考えの方々の中には、その料金体系について疑問をお持ちの方も多いのではないかと思います。
中でも、特に多いのが「テレアポ代行は成果がなくても費用が発生するのか。」と言う疑問です。
ここでは、この疑問に対し、幾つかの料金体系を例に上げながら、各々について解説していきたいと思います。

3つの料金体系

最初に上げる料金体系が、「成功報酬型」です。
業務委託を依頼し、実際にアポイント獲得の為の業務を遂行してもらうと、当然のことながら、アポイントの獲得に成功するケースと、失敗するケースが発生します。
この「成功報酬型」では、このうちアポイントの獲得に成功したケースでのみ料金が発生します。
このような料金体系を導入している会社は、長年の業務で得たアポイント獲得の為のデータを多く保持している大手企業である事が多いようです。
中には「営業代行」まで行い、それに関しても「成功報酬制」を導入している企業もあるようです。

二つ目は、「コール課金型」です。
テレアポ代行業者はアポイント獲得の為に、電話で相手企業と交渉を行います。
この「コール課金型」は、アポイント獲得の成否に関わらず、電話一回に対し数百円の料金が加算される料金体系です。
このような料金体系を導入している会社は、業務で利用する為の企業データなどがまだ十分でない比較的新しい会社や、依頼件数の少ない特定の業種に特化した代行業者であるケースが多いようです。
「電話一回ごとに数百円」と言うと、金額が膨大になりそうなイメージを持たれるかもしれませんが、実際には、「成功報酬型」との大きな料金の差はないです。しかしながら、このような料金体系では、電話を掛けたものの担当者が不在だったり、NGを出されたりなどの理由で、アポイント獲得の為の交渉にすら漕ぎ着けられなかった場合でも料金が発生します。依頼時には精査する必要があるでしょう。

最後に上げるのが「成果コール課金型」です。これは簡単に言ってしまうと、「成功報酬型」と「コール課金型」の中間のような料金体系です。実際にアポイント獲得の為の業務を遂行してもらい、結果的にアポイントの獲得に成功した分の電話の本数に対し一本当たり数百円程度の料金が加算されます。「コール課金型」の利用者にとって懸念事項となりやすい部分を改善した料金体系と考えると分かりやすいかもしれません。

自社のニーズにあった業者選定を

以上三点が、テレアポ代行業者が導入している主な料金体系です。これらからも分かる通り、冒頭の「テレアポ代行は成果がなくても費用が発生するのか。」と言う疑問に対しては、各々の会社が導入している料金体系によるとしか言えないのが実際のところです。しかしながら、それぞれの料金体系にはそれぞれ違ったメリットがあるので、依頼する側の会社がそれらを十分に把握し、自社のニーズに見合った業者を選定すれば、その費用対効果は計り知れないと言う見方も出来るのではないかと思います。

 

ランキングはこちら