人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行の料金システムは?

    

営業力は会社にとって重要な柱の一つです。
昨今、外回りの営業だけではなく、テレアポによる営業にも注力している企業は多いものの「テレアポに慣れていない社員も多く、思っていたより成約に結びつかない」などの理由から、テレアポ代行に関心を持つ企業が増えています。

東京でもテレアポ代行を導入し、コストを削減しながらも事業の拡大や収益を増やすことに成功している企業が年々増えています。
今やテレアポ代行もビジネスシーンでは一般的となりつつありますが、いざテレアポ代行の導入を検討した時に、まず気になるのは料金システムです。
初めて導入を検討する際には、料金システムが分かりにくい、コストが高いなど、負のイメージに躊躇している企業担当者も多いのではないでしょうか。
しかし、テレアポ代行の費用はある意味では高額ということはなく、むしろ導入することでコストが削減さえできる最良の方法の一つかもしれません。
テレアポ代行では主に「成果報酬型」と「従量課金型」の2通りの料金システムに分かれており、どちらの料金システムを設けているのかは代行業者のシステムによって異なっています。
現行では「従量課金型」を採用しているテレアポ代行会社が多いようですが、「成果報酬型」を設けている会社も増えつつあります。
それぞれの料金システムには、もちろんメリット・デメリットも存在しますので、詳細を良く確認する必要があります。

・成果報酬型

まずは「成果報酬型」についてですが、お客様との間であらかじめ設定した成果(アポイント数や、成約数など)を達成した時点で報酬を支払うシステムです。
メリットとして、設定した数字に達した場合や、成約・アポイントを獲得した時点で支払う為、依頼者としては成果が著しく目標に達していないのに料金を支払い続けるという心配もなく、成果に対しての正当な報酬として安心して支払うことができます。
デメリットとして、場合によっては従量課金型よりも報酬が少し高くなってしまう傾向があります。
成果報酬型は、コール数よりも、1件1件を確実にアポイントや成約に結び付けたい企業に向いた料金システムといえるでしょう。

・従量課金型

次に「従量課金型」ですが、コール数を重視した料金システムとなっています。
1コールの単価が決められており、コールスタッフがコールした分だけ料金が発生します。
メリットとして、1コール100円~という料金システムを導入している企業もあり、コスト的にも優れていることや、従量課金型のテレアポ代行業者も多いということです。
デメリットとして、不在が続く番号が多くても、その分のコールは料金が発生してしまう点です。
しかし、その分他の番号にも数多くコールしアポイント等まで結びつくようスタッフがしっかりとアプローチしていますので、必ずしも依頼者に大きな損失が発生するということではありません。
従量課金型は1件でも多くの番号にコールし成約数やアポイント数を増やしたいという企業に向いた料金システムとも言えます。

アポイントや成約獲得時の報酬単価、コール単価はテレアポ代行会社によって、どのように算出するかは異なっており、例えばテストコールでの獲得率などを参考に算出される場合もあれば、あらかじめ決められた単価を提示される場合もあります。

まとめ

どちらの料金システムが良いか、悩む点は多いかと思いますが、それぞれにメリットがありますし、どちらの料金システムであっても、人件費の増大や、テレアポ用の設備やシステムを導入などの大きなコストをかけるよりも、システムや営業のスペシャリストが揃ったテレアポ代行を導入し、効率的にテレアポで営業する方がコストパフォーマンスの向上に繋がります。
テレアポ代行を導入するにあたって、どういった料金システムになるのかは、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

 

ランキングはこちら