人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

結果を出すための東京のテレアポ代行選びの比較ポイント

    

テレアポ選び方、比較

せっかくテレアポ代行を導入するのであれば、自社の商材の魅力を最大限に伝えてくれ、希望する以上の結果を出してくれる業者へお願いしたいものです。

ですが、どのテレアポ代行に依頼するのが良いかの判断基準や選考ポイントが分らなければ納得のいく業者に出会えないまま導入することになってしまいます。
その為、テレアポ代行を東京で選ぶ場合、どういったポイントで比較すれば良いか、基本的な比較ポイントを4点お伝えします。

 

対応品質

1点目に、代行業者の対応品質の違いを比較しましょう。
どんなに素晴らしい商材やスクリプトがあってもアポインターの対応品質が悪ければ不快を与えてしまい成果に結びつきません。
対応品質は見落としがちな比較ポイントの1つですので、しっかりとチェックしておきましょう。
その為、可能であればアポインターの対応品質を確認して下さい。
守秘義務から実際の対応を見る事が難しいことも多いので、その時は簡単なチェック方法として、気になったテレアポ代行業者に電話で問い合わせをし、受付時の電話対応の仕方で代行会社の電話対応の質を測ってみましょう。
なぜなら受付者は一番初めにお客様とセッションをもつ、いわば最初の顔だからです。
ここで対応品質が悪いと感じた場合、電話対応に対するマナーや品質の教育が不十分である可能性があります。
受付者の対応品質が良いと感じた場合、アポインターにもしっかり教育が行き届いた品質の良いトークが期待できます。

2点目にコール開始後もスクリプトやフローの改良が出来るかがポイントです。
どんなに打ち合わせを重ね、納得のいくスクリプトやフローを作り上げたとしても、それが最高のスクリプトかと言えば違います。
実際にお客様対応することで気付く部分や、改良点が見えてくるものです。
その反省点を活かしスクリプトの精度や内容を昇華させていくことで結果もついていきます。
代行業者の中にはコール開始後はスクリプトの改良や修正が行えない業者や、簡単な修正は出来ても大きくフローを変更できない業者もあるので、スクリプトの改良可否は比較ポイントとしておさえておきましょう。

実績と料金システム

3点目に得意分野や実績を比較しましょう。
代行業者によって得意分野が異なりますし、得意分野の被る業者でも実績を比べた時に、より多くその分野を手掛けている業者の方がノウハウも優れており、良い結果を残す可能性が高くなります。
更に実績の中に導入しようと考えている商材に近しい業績があれば、その時の経験が活かされたスクリプトやアポイントが出来ますので、より結果に繋がりやすくなると言えます。
またテレアポ代行以外に市場調査やマーケティング業務も手掛けている代行業者は、その業務で得た経験や知識、ノウハウをアンケート調査などのテレアポ代行にも活かされますので、その業者の得意分野や実績は比較ポイントとして重要となります。

4点目に料金システムです。
商材に合った料金システムのテレアポ代行を選ばなければ費用が高くつく場合があります。
報酬の支払い方法で従量課金型と成果報酬型のどちらを希望しているかによって選ぶ代行業者も変わってきますし、従量課金型でも1コールいくらなのかは業者によって異なり、同じく成果報酬型も業者毎に算出方法が変わりますので業者毎に比較が必要になります。
また、例えば従量課金型で1コール120円のテレアポ代行を導入し200コールした場合と、成果報酬型で200コールして100件成果を上げた場合、従量課金型の方が支払った報酬が少なく済むこともあれば、同じ従量課金型でも1コール100円の代行業者もありますので、より利益をあげ、必要以上のコストを掛けないようにするには料金システムも比較ポイントとなるのです。

以上の4点が、テレアポ代行業者を選ぶにあたっての基本的な比較ポイントとなります。
テレアポを導入したい商材に適した代行業者を選ぶことが、何よりも結果に繋がっていきます。
また前述の4点はあくまでも基本的な比較ポイントです。
その他にも電話設備やテレアポに使用するシステムツールの性能、コール開始後の連携の有無や、セキュリティやプライバシーポリシーに対する取り組み方、個人情報の取り扱い方法、アポインターへの教育体制などの比較ポイントもありますので、細かく比較してみるのも良いでしょう。

 

ランキングはこちら