人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行のセキュリティや個人情報保護対策は大丈夫?

    

セキュリティと個人情報保護個人情報保護法が2003年に成立、施行されたのを機に、プライバシーポリシーを明確にする事は企業にとって当然の事となりました。
この事に関しては、各テレアポ代行業者も例外ではありません。
殆どのテレアポ代行会社はホームページ上でプライバシーポリシーを明確にし、業務委託を依頼してきた企業に対しても契約時に提示するなどしています。
その一方で、実際には提示しているプライバシーポリシーに準じた経営を行っていない会社があることも事実です。
テレアポ代行業者の利用を検討している方の中には、このことを不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
サービスを利用する時には、会社にとっての非常に重要な情報を伝えなければならない事もあります。

今回は、テレアポ代行業者が行うセキュリティ・個人情報保護対策に関して解説していきたいと思います。

代行業者に知らせなければならない情報

そもそも、テレアポ代行業者を利用する際に、代行業者へ知らせなければならない情報にはどのようなものがあるのでしょうか。
最初に考えられるのが、利用する側の会社の製品やサービスに関する情報です。
アポイントを取る為にはアポインターがこれらの情報を熟知していなければならず、このような情報を知らせる事は不可欠と言えるでしょう。

しかしながら、このような情報は、もし漏洩し、競合他社に知られてしまった場合、会社にとって大きな損失となる事は言うまでもありません。
特にテレアポ代行の場合、その利用者として特に多いクリエイティブ系の会社は情報の漏洩が大きな命取りとなります。

セキュリティ対策に「絶対」はありませんが、このような理由からも、テレアポ代行業者はこのような製品・サービスに関する情報の取り扱いには細心の注意を払っていると考えて良いでしょう。

次にテレアポ代行業者へ知らせなければならない情報として上げられるのが、会社自体の情報や社員自身の情報になります。
近年は個人の職業や勤務先の情報などもまた個人情報保護の対象とされる事が多いのは周知の事実ですが、一方でこのような情報がビジネスにおけるネットワークの形成にとって重要であることも忘れてはいけません。
例えば名刺はそのもっとも分かりやすい例の一つとして挙げる事が出来るでしょう。
名刺を交換する事で新たなネットワークを作り出し、それらが新たな事業に発展していくと言った事例は決して珍しい事ではありません。

テレアポ代行業者が行っている業務は、更に大きな規模でのネットワークの形成をサポートしているようなものですので、そこに会社の業務内容や社員自身の情報を知らせる事は有意義という事もできます。
個人情報の保護に躍起になる事が時代の流れかもしれませんが、テレアポ代行業者を利用するに当たっては、個人情報の保護に対し、通常とは異なった見方をする必要があるのかもしれません。

代行業者の特徴を精査して慎重に選択を

少子化や営業職を敬遠する若者の増加などを理由に優秀な人材の確保が困難になりつつある近年では、テレアポ代行業に対する注目度が年々増加しており、それに比例して似たような会社が東京を中心に乱立している事も事実です。
その多くは、独自のサービスを考案するなどする事で自社の特色を明確にし、競合他社との差別化を図っていますが、中には個人や会社の情報を収集する事だけを目的とした悪質な会社も存在すると言われています。

テレアポ代行業者を利用するという事は、このようなジレンマの状態にあるという認識は常に持っている必要があるかもしれません。
また、それらによっておびやかされる不利益を最小限に抑える為には、各々の代行業者の特徴やサービスの質を精査し、どの業者に依頼するか、慎重に選定する必要があると言えるでしょう。