人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

事業所が他県だけど東京のテレアポ代行に申し込みできるの?

    

営業とは元来、営業マンが外回りをし、アポイントを取り付けてくると言うイメージが強いです。
その根本には人と人とが実際に向き合って交渉をすることで得られる信頼を重視するという理念が強く存在します。
しかしながら、近年はその効率化や機会損失を防ぐための有効な手段の一つとして、テレアポを導入する企業は大変多いようです。
特に慢性的な働き手不足と、それに伴う優秀な人材の確保の難航というような問題に悩まされている地方の事業所等は、その解決策として、率先してテレアポを導入しています。
また、それら一連の業務をテレアポ代行業者に委託してしまうというケースも大変多いです。
まさに今、テレアポ代行業者への業務委託を検討していらっしゃる方も多い事かと思います。

このように地方の事業所がテレアポの代行を委託する場合、その多くは委託先として知名度が高い等の理由から東京のテレアポ代行業者を検討される事でしょう。
そもそも東京のテレアポ代行業者は、地方の事業所からの業務委託を受け付けているのでしょうか。
これは大変気になる所です。順に解説していきましょう。

営業の成果、契約獲得に必要なこと

この疑問に答えるには、まず、「営業」における最も理想的な成果について考えてみる必要があります。
前述したように、かつての「営業」においては、信頼をより重視する傾向にありましたが、近年ではより好条件の契約内容で、出来るだけ多くの契約を取り付ける事が優先されているかと思います。
テレアポ代行業界の発展はこのような考え方の変化に起因するとも言えるでしょう。
ここでは、この2点のうち「より多くの契約の獲得」について、もう少し考えてみましょう。

何故、テレアポはより多くの契約を獲得する事に秀でていると言えるのでしょうか。
その答えとして挙げられるのが、無駄を省くことによる一連の業務の効率化です。
営業マンが幾ら必死に外回りをしても、移動などにかかる時間と費用は無駄でしかありません。
オフィスに居ながら契約を取り付ける事が出来るテレアポは、この点において非常に有効と言えるでしょう。
また、営業マンが自らの足でフォローできるエリアと、電話一本でフォローできるエリアにも当然のことながら雲泥の差があります。
これもまた機会損失の防止と言う観点から有効と言えます。
そして、この「フォローエリア」が先程上げた疑問に対する答えの重要なカギとなります。

まとめ

結論から言いますと、一部の例外はあるものの、ほぼ間違いなく東京のテレアポ代行業者は、地方の事業所からの業務委託を受け付けてくれます。
なぜなら、テレアポ代行業者も会社である以上、可能な限りより多くの契約を得たい訳です。
極端に言ってしまえば、電話がつながる地域は全てテレアポ代行業者の「フォローエリア」と言えてしまうので、そのエリアに属する限り、その事業所はテレアポ代行業者にとっての大切な取引先となる訳です。
よって、地方だからと言う理由で業務委託を断られると言った事はほぼ無いといえるでしょう。

また、業務委託は受理されるものの、地方であるが故に、実際に得られるアポイントメントは少ないのではと言った懸念もあるかと思います。
しかしながら、多くの東京のテレアポ代行業者は、長年にわたる業務で得た企業リストなどのデータを大量に保持しており、それに基づいた効果的な営業活動を行っている為、過度な心配は不要です。
また、比較的新しい会社の場合、保持するデータが不十分である可能性もありますが、新たなデータの収集を目的に金銭面などでより好い条件を提示してくれるケースもあるようです。
複数の代行業者を比較し、自社にとってより好い条件で業務委託できる会社を選ぶ必要があるでしょう。

 

ランキングはこちら