人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行はどんな業種向け?

    

東京でテレアポ代行を導入しようと検討した時、テレアポ代行に向いた商材や業種が分らず「うちの商材は取り扱って貰えるだろうか」、「この業種でテレアポ代行を導入したら成果は上がるのか」、「どんな業種の取り扱いがメインなのか」という点に不安を感じてしまう方もいるのではないでしょうか。
それは、堂々と「我が社はテレアポ代行を導入しています」と銘打っている企業を目にすることがなく、実際に導入されている業種を知るすべがない為、そう感じるのは仕方ないことです。
そして、どの業種が向いているか分らない故に、せっかくテレアポ代行を導入しても結果が伴わなければ意味がないと考えてしまうのも至極当然のことです。

では、実際にテレアポ代行に向いている業種、向かない業種は何でしょうか。
テレアポに限らず単価の低い商材や特殊な商材には営業コストを掛け難いものです。
テレアポ代行には最低限のコストがかかります。
そのため商品単価が極端に低いものや、ニッチなターゲットなどは効果が出にくいかもしれません。
ただし、継続性のある商品であればトータルでコストを回収出来ますので、長期レンジで検討するようにして下さい。
こうして見てみると、実はテレアポ代行に向かない業種や商材は少なく、意外と幅広い業種や商材にもテレアポ代行は利用できます。
例えば、エステ店や個人を相手にした美容商材の提案や、過去の利用者に対して新商品の健康食品などの提案や、新規開拓営業として自社のWEBシステム導入の提案、コンサルティング、WEB広告出稿の営業アポイントメント、運営する求人サイト等への掲載提案の営業、パッケージソフトや、HP制作などです。
今あげた業種はほんの一例ですが、幅広い業種で実際に導入され、しっかりと成果を残しています。
また営業先も個人や法人を問わず、打ち合わせと精査を重ねて作成されたリストを使ってテレアポしているので、より結果に繋がりやすいようになっています。
一部の特殊な業種以外、基本的には、どの業種や商材でもテレアポ代行は有効な手段となっています。

向き不向きはきちんと相談を!

どの業種であってもテレアポ代行は向いていますが、代行業者によって、その中でも特に得意とする業種やジャンルがあります。
BtoB(企業間取引)のコンサルティング提案型営業を得意とする代行業者もあれば、美容用品や健康食品といった商品の提案が得意な業者、WEBシステムやソフトなどの商材を得意とする業者、BtoC(個人向けのビジネス)を得意としている業者など、その代行業者によって強みや実績は変わってきます。
その為、テレアポ代行業者を選ぶにあたり、あらかじめその業者の得意分野や過去の実績を知ることが選考の参考になります。

こうしていくつかのテレアポ代行業者を選択していきますが、候補に上げたテレアポ代行業者が必ずしも自社商材の得意分野ではないこともあります。
その際は率直に担当者と相談をしてみましょう。
テレアポ代行とは電話による営業のプロの集まりです。
どんな業種のテレアポであっても成果を上げられるよう、ひとりひとりが誇りとプライドを持って日々の努力を惜しまず、依頼主の力になるよう最善を尽くしています。
依頼主の商材を愛し、情熱をもって営業し、今までの実績を元に工夫と知識を凝らしながら、求められた成果以上の結果を残せるよう全身全霊をかけていますので、安心して下さい。
それでも導入について迷ってしまうという方は、是非一度電話で相談してみるのが良いでしょう。
担当者がヒヤリングをし、その商材でテレアポ代行を導入した場合の説明を詳しく受けることが出来ますので、不明点を解決することができ、漠然とした不安や心配も少なくなります。
また実際に話を聞くことで、実績経験なども分かり安心に繋がるほか、導入後のビジョンを思い浮かべやすくなります。

 

ランキングはこちら