人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行の申し込みからサービス開始までの流れ

    

いざ東京のテレアポ代行を導入しようと考えた時に気になるのが、申し込みからの一連の流れや、サービスが開始するまでの期間がどれくらい掛かるかということです。
企業としても営業の成果を早く上げたいものです。
せっかくテレアポ代行を導入してもサービスの開始までに時間が掛かっては本末転倒です。
出来れば検討から申し込み、そして運用開始までスムーズに進めたいものです。
と言う訳で、申し込みからサービスの開始までの一般的な流れを簡単に説明します。

 

どんな流れで契約はスタートするの?

まず初めに、問い合わせに対して担当者から連絡をさせて頂きます。
そこで商材や予算、依頼件数など簡単なヒヤリングをします。
ここで予め、複数商材がある場合にはどの商材にするのか、また大まかな予算や依頼件数などが、ぼんやりにでも決まっているとスムーズに話が進みます。
しかし初めての導入の場合は特にイメージが付きにくい為、先ずは相談したい、予算や依頼件数などはまだ何も決まっていないという事でも全く心配はありません。
ヒヤリングを元に打ち合わせを進めていく中でビジョンが固まっていきますので安心して下さい。

次の段階として見積もりの提示があります。
ヒヤリングや打ち合わせを重ね、最終的に決まったプランでの見積もりになりますので、予算やプランに納得であれば次のステップへと進んでいきます。
ここの段階で申込書などの必要書類の記入や、書類のやりとりをすることが多いです。

申込が完了した後は、経験豊かで実力の伴ったスタッフが、今までの実績や経験を踏まえ、オリジナルのトークスクリプトやトークフローの作成に進んでいきます。
テレアポ営業のプロとは言え闇雲に提案しても結果が伴わないのは明白。
テレアポの難しいところですが、対面ではないことでお客様も断りやすいという欠点があります。
せっかくお客様と通話が出来ているのに十分に話しを聞いて貰えず切電され、断られては意味がありません。
その為、トークスクリプトの中身や品質は重要となってきます。
お客様が関心を惹かれるような質の高いトークが出来るように、丁寧にトークスクリプトは作成されます。
コール業務が開始した後も、お客様からの反応などを見てスクリプトの品質向上の為に適宜改良が出来るところもあれば、一度コール業務が始まってしまえば修正出来ない代行会社もあるので、申込前にしっかりと確認しておくのが良いでしょう。

トークスクリプの作成と併せて、リストの作成や調整も始まります。
ご存知の通り、商材に対するニーズが低い相手に、どんなに素晴らしい営業をしても結果はついてきません。
商材に対してニーズが高い相手により多くアプローチが出来るよう、対象の選定は慎重に検討していきます。
リストの持ち込みも可能なことが多く、持ち込みリストを元に計画を練る場合もあれば、テレアポ代行業者が用意している法人リストを元にリストを構成する場合もあります。

最終段階としてアポインターへの研修が始まります。
サービス開始日に合わせて、商材や人員数を考慮し研修の日程は決められます。
より良い成果を上げられるようアポインターもしっかりと商品を理解出来ていないといけませんので、ミーティングや事前研修を重ねていきます。
座卓研修が終了した後は、実際のトークスクリプトを用いて実践ロープレをします。
何度もロープレを繰り返し、時にはシチュエーションを変え、様々な場面を想定したロープレを行うことで、事前にある程度の経験を積み、臨機応変に対応できるようにしていきます。

アポインターへの研修やロープレなどを経て、全ての準備がくまなく整ったら、いよいよテレアポ代行業務がスタートします。

 

ランキングはこちら