人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行の営業代行サービスとは?

    

営業代行

敬遠しがちな若者が増えているとも言われる営業職は、その人材の確保、育成共に、年々難しくなっていると言われています。
それに対する対応策として近年にわかに注目を集めているのがテレアポ代行業です。
人材の確保、育成にかかる人件費や時間の削減、離職によるリスクの回避、作業効率の向上等が期待できるテレアポ代行業はそのフォローエリアの広さもあいまって、地方の企業が東京の代行業者に業務を委託すると言うケースも少なくありません。

このようなテレアポ代行業者への業務委託を検討している方々の中には、そのサービス内容に「テレアポ代行」と「営業代行」がある事にお気づきの方もいらっしゃるかと思います。
ただ、その具体的な違いに関しては、理解されてない方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは双方の明確な違いだけでなく、それぞれがどのような会社に向いているのか等、その詳細を含め順に解説していきたいと思います。

テレアポ代行

まずは「テレアポ代行」について説明します。
「テレアポ代行」とは、簡単に言うと業務委託を依頼した側の会社の希望に従い、テレアポ代行業者が取引相手を探してくるサービスの事です。
ここで重要なのは、「テレアポ代行」の場合は、あくまでも「取引相手を探してくる」だけであり、取引相手との交渉に関しては依頼した会社が単独で行うと言う点です。
「テレアポ代行」サービスは、交渉そのものに関しては会社自らの責任で行いたい、あるいは、独自の交渉で成果を出す自信のある会社に適していると言えるでしょう。

営業代行

それでは「営業代行」とはどういったサービスの事でしょうか。
「営業代行」は「テレアポ代行」で探し出した取引相手との交渉に関しても、テレアポ代行業者に依頼する事です。
このようなサービスでは、代行業者が、依頼する側の会社の商品やサービスについて熟知している必要がある為、より密なコミュニケーションをとれる体制が整っている必要があります。
その為、一概には言えませんが「営業代行」を依頼する際には、小規模の代行会社や特定の業種に精通した代行会社を選ぶ必要があると言えるでしょう。
人材が足りていない比較的新しい会社等が「営業代行」に適していると言えそうです。
前述したように近年は地方の会社が東京のテレアポ代行業者に業務を委託するケースが少なくありません。
このようなケースでは、「営業代行」まで依頼する事が多いのですが、この点について、少し補足して解説したいと思います。

地方の会社の多くが東京のテレアポ代行業者に業務委託を依頼するのは、人材の確保や育成に関する問題を解決する為だけでなく、その地理的な問題を解決する為でもあります。
言うまでもなく、日本の企業の多くは東京に集中しています。
その為、取引先の企業もまた東京の企業である事が多いわけです。
このようなケースで、地方の会社はどのような問題に直面するでしょうか。
例えば北海道にある会社が東京のテレアポ代行業者に業務を委託した結果、とある東京の会社を取引先として紹介されたとします。
しかしながら、この場合、北海道にある依頼した側の会社は営業マンを東京まで出張させ、取引を行わなければならず、出張にかかる諸経費が多くかかってしまいます。
このようなケースでしばしば利用されるのが「営業代行」という事になります。
一概には言えないものの「営業代行」は、成果報酬制である事も多く、仮に取引が決裂してしまった事を考えたら、実際に営業マンを出張させた場合とでは、その経費に雲泥の差が出てしまう訳です。
このような点からも、地方の会社が「テレアポ代行」だけでなく、「営業代行」まで依頼する事は理にかなっていると言えるでしょう。

 

ランキングはこちら