人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行はどれくらいの期間で効果が?

    

テレアポの効果東京のテレアポ代行を導入するにあたり、気になることの1つとして「効果の期間」があがります。

効果が一体どれくらいの期間で効果が現れ、その効果がいつまで続くのかという点は多くの方が気になっているのではないでしょうか。
契約期間の参考としても知っておきたいことであり、今後他の商材でもテレアポを導入する場合の目安にもなっていきます。
では、どのくらいの期間で効果が現れるかについてですが、商材や業種毎におおよその期間が変わってきます。

 

商材・業種毎の効果の期間

例えば、食品や美容関連の商材で、且つ過去の利用者に向けて新しい商品を提案し購入頂くような場合は、直ぐに効果が現れることが多く、早い場合はコール開始日から成果があがります。
それは買い手が、一度利用したことのある企業の商材である為、自然と警戒心が薄れ、話しを聞いて貰いやすくなることや、アポインターからの商品説明に関心のあるワードが入っていたり、お試し価格で料金がお手頃だったりすると一度試してみようかという気持ちに傾きやすい為です。

また、企業向けの商材が多いWEB制作やシステムツールなどの導入については、1週間前後の時間を掛けながら、少しずつ効果が現れ始めます。
もちろん資料送付や、一度詳しく話を聞きたいとアポイントメントを即決してくれる企業もあります。
もちろん、ほとんどの場合即決などありません。
2~3日ほど経過してから反響が出てくることも多いでしょう。
その理由としては、アポインターの話を何度か聞いているうちに徐々に関心をもって頂くことができた場合、少し検討した上で資料送付などを希望する場合、元々同業他社の商材を検討しており先ずは先方の話を聞いたあと比較検討の為に資料送付を希望する、などの一度社内で検討する時間が発生する為です。
やはり、効果が現れるまでに日数を要してしまいます。
ケースによっては即効性どころか数年経ってから「そう言えば、あの電話で聞いた・・・」と思いだしてくれることもあります。
このように商材やアポイントの対象により効果が現れるまでの期間は変わります。

効果の持続期間

次に効果の持続期間についてですが、基本的にテレアポ代行を導入し、リストに記載されている全ての電話番号にかけきるまでは効果は継続して現れ続けます。
そして全ての電話番号に掛け終わった後は大体が1週間~1か月程で導入の効果が落ち着き、下降していくと言われます。
前述に上げた例だと、食品や美容関連の即決性の高い商材で且つ個人が相手であった場合は検討しても1~2日くらいということも多く、早くて2~3日で効果が下降していくこともあります。
これが法人であった場合は、在庫などの兼ね合いやターゲット層の絞り込み、販売戦術をたてる時間が掛かる為に1週間から半月ほどは効果が継続することもあります。
逆にシステムツールなどの検討に時間の要するものは1か月程度経っても反響入電が入ることがあります。
また、資料を送付している場合は、当時は必要なかったが後々必要になったとして、詳しく話を聞きたいと半年程度経ったあとでもテレアポの反響が入ってくることもあります。
このように効果の継続期間もまた商材やターゲットにより大きく異なっていきますし、効果が収束したあとも反響が入り続ける可能性もある為、一概には言い切れない部分もあるのです。

もちろん、今あげた例はほんの一部であり、必ずしもどの商材も例と同じ期間で効果が現れ継続していく訳ではありません。
あくまでも目安として捉えておくのが良いでしょう。
テレアポ代行業者も早く効果が現れ、効果の期間も長く継続できるようなスクリプト作りやリストを作成するなど準備の段階から工夫を凝らし、慎重にコール開始まで進めておりますので、効果期間について何か不安があればしっかりと相談するようにして下さい。

 

ランキングはこちら