人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行のメリット・デメリットは?

    

業務委託のメリットデメリット

テレアポ代行業に限らず、新たな業務委託をする際には、そのメリットとデメリットをしっかりと把握することが重要です。
また精査する際には、重要なポイントの一つとして認識しておく必要があるでしょう。
近年にわかに注目を集めるテレアポ代行業の場合、一般的に利用されるようになったのが比較的最近である事から、そのメリット・デメリットに関してはあまり知られていない部分も多いです。
これらを把握しないまま業者を選定してしまったが故に、思ったような成果を得られなかったと言う話も耳にします。
そこで今回は、テレアポ代行業者への業務委託のメリット・デメリットの詳細について解説していこうと思います。

 

業務委託のメリット

まずはそのメリットについて解説していきましょう。
従来の営業とは営業マンが自らの足を使って外回りをするというものでした。
その効率の悪さやフォローエリアの狭さを解消する目的で、テレアポが考案されました。

当初は、自社でテレアポを行っている企業が多かったのですが、各々の会社でテレアポ担当の社員の育成に多くの時間と諸経費を費やさざるを得ず、離職などによるリスクも含めると、会社にとっての負担が甚大でもありました。

テレアポを業務委託する「テレアポ代行」では、そのような負担を解消することができ、効率性の良さとフォローエリアの広さと言う二点においては、更なる成果が期待できることは言うまでもありません。
尚且つ、一流のアポインターによるスキルを利用できる点もまたテレアポ代行のメリットと言えるでしょう。
また、近年増加傾向にある地方の会社が東京のテレアポ代行業者を利用すると言うケースでは、家賃などの安い地方に居ながら、企業データを多く保持する東京のテレアポ代行業者を経由する事で、日本全国の企業にとどまらず、海外の企業をも営業の対象と出来てしまう点もまたテレアポ代行を利用する事のメリットと言えるでしょう。

業務委託のデメリット

それではテレアポ代行を利用する事のデメリットとはなんでしょうか。
その一つとして最初に上げるのが、その料金体系によるものです。
テレアポ代行の料金体系には大きく分けて「成果報酬型」と「コール課金型」の二種類があります。
前者は実際にアポイントを獲得する事で初めて料金が発生するのに対し、後者はアポイント獲得の為に掛けた電話1コールに付き数百円程度の料金が発生します。

このような点から「コール課金型」の場合、実際に得る事が出来た成果が希望よりも少なかったにもかかわらず、料金は予想よりも高くついてしまうと言ったケースも発生し得ると言う認識をしておく必要があると言えそうです。
また、テレアポ代行は代行を依頼する側の会社と代行業者の間で、双方の担当者が実際に顔を合わせると言う機会が少なく、結果的にコミュニケーションが希薄になってしまうと言う事がしばしばあります。
このような場合、代行業者が代行を依頼する側の会社の希望や製品・サービスに関する情報を熟知しないまま、アポイント獲得に動いてしまうと言う事にもなり兼ねず、結果的に獲得してもらったアポイントが見当違いな物だったというようなケースも多々あるようです。
このようなコミュニケーション不足は、アポイント獲得後の営業も代行してもらう「営業代行サービス」においても、交渉の失敗の大きな原因の一つとなる事から、こちらもまたテレアポ代行のデメリットの一つとして認識しておく必要があると言えるでしょう。
近年は営業職を敬遠する若者の増加等に比例し、テレアポ代行業者も乱立状態にあります。
今回紹介したようなテレアポ代行のメリット・デメリットをしっかりと把握し、自社の希望に合った代行業者を選定する際の参考にして頂ければ幸いです。