人気のテレアポ代行・コールセンター業者を厳選比較【東京編】

東京のテレアポ代行のアポイントの内容は全て教えてもらえるの?

    

アポイントの内容は教えてもらえるのか?かつては人材の確保や育成が困難な会社が主に利用していたテレアポ代行業者ですが、近年はその費用対効果やリスクの軽減などを目的とし、率先してテレアポ代行業者を利用する会社も多いようです。
中でも、家賃などの比較的安い地方で運営している会社が、東京のテレアポ代行業者を利用するというケースが増えています。
このようなケースでは、アポイント獲得業務やその後の「営業代行」等も円滑に行えるなどの理由から、その費用対効果は非常に高いと言われています。
まさに今テレアポ代行業者への業務委託を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

テレアポ代行業者へ業務委託をする際に、しばしば挙げられるのが、「テレアポ代行のアポイントの内容は全て教えてもらえるの?」と言う疑問です。
実際にアポイント自体を取り付けてもらえたとしても、その内容が不十分であったり、依頼する側のニーズに見合っていなかったり等の問題があると、その後の営業における交渉も失敗に終わってしまうかもしれません。
このような疑問に対し、それに伴う懸念を少しでも解消できるよう、順に解説していきたいと思います。

代行業者個々の方針による

まず、テレアポ代行のサービス内容や特徴は「代行業者個々の方針による」と言う点は考慮しなければなりません。
近年は複数のテレアポ代行業者が乱立しており、その経営方針も様々です。
このような経営方針の違いは競合他社との色分けでもある事から、このような傾向は言わば必然と言う事も出来ます。
疑問に対する答えも一概には言えないと言うのが実際のところです。

それでは、アポイント獲得後の営業における交渉では、具体的にどのようなアポイントの内容が必要となるでしょうか。
最初に上げられるのが、取引相手のニーズに関する情報です。
ニーズを把握していなければ、交渉に先駆けての準備や対策を練る事もできません。
相手のニーズと自社の製品やサービスを照合する事は、必須と言えるでしょう。
このような理由から、多くのテレアポ代行業者は、アポイント獲得と同時に相手企業のニーズに関する情報は基本的に開示してくれると考えて良いでしょう。

公開していない会社も多い?

一方で近年は、個人情報保護に対する気運の高まりに呼応するように、会社そのものの情報に関しても、必要以上の物に関しては公開していない会社も多く存在します。
このような会社のアポイントを獲得した場合、相手側の要望によっては、依頼する側の会社が開示を希望しても、代行業者が開示を拒否すると言うケースもあるようです。
このようなケースは、会社の情報だけでなく、各々の社員の個人情報に関しても同様に増加傾向にあるとも言われています。
これらは個人情報保護法を始めとした法律の施行に伴う、リスクの回避を念頭においている事が多いと考えられます。

以上の事を踏まえた上で、上記した「テレアポ代行のアポイントの内容は全て教えてもらえるの?」と言う疑問に答えるならば、営業活動に際し必要な情報のみ教えてもらえるとするのが適当かと思われます。
会社によっては、それ以上の情報を開示してくれるケースもあるかもしれませんが、前述したように個人情報保護法を始めとした法律の施行と、それに伴うリスクの回避を考えれば、必要以上の情報の開示は求めないようにするべきと言うのが適当と言えるでしょう。
また、これら一連の業務によって得られる情報に不足を感じたならば、アポイント獲得後の営業活動に関しても代行をしてもらう「営業代行」を依頼するのも一つの手段かもしれません。このような場合、依頼する側の商品やサービス内容を代行業者の担当者に熟知してもらう必要がありますが、対応策としては有効と言えるでしょう。

 

ランキングはこちら